いくら予算をかけたかではなく、どれだけ豊かか。

それがわたしたちのコンセプトです。
適切にコストを調整して、限られた予算のなかでいいものをつくること。
このもっとも難しい技術に自信があるからです。
さらに住む人それぞれのライフスタイルにあわせて、日常生活の動線、掃除のしやすさにまで気を配ります。
柱一本まできちんとコストが計算されていて、繊細な配慮のいっぱいつまった、住む人の心が豊かになるようなデザイン住宅。
その方法は、構造や間取りを工夫して、高品質ながらも安価な材料を選択します。
また独自の新しい分離発注にすることで、総工費の30%にもなるマージンを抑えます。
他にはないこれらの方法でコスト管理された豊かなデザイン住宅を実現します。

コスト管理されたデザイン住宅


建築家 青木重昭

青木重昭の特徴は、実際の工事に精通していること。
このような建築家は多くありません。
多種多様な材料の知識があるということは予算管理能力を意味します。
建築家は予算オーバーすることが多いものですが、あくまで予算の範囲内におさめながら、建築主の希望にそったグレードの材料を提案することができます。
建築士の監理(施工のチェック)能力不足が問題となるなか、建築家に施工の知識があればきちんと現場を監理することができます。
施工の不備を未然に防ぎ、建築主のために厳しく工事の質をただします。
いくつもの細かい作業がひとつになるのが建築ですから、デザインや設計だけではなく、全体を指揮できる建築家でなくてはならないのです。

他の建築家にはない特徴